共通項目


○小学部


小学5年生と6年生を対象とする講習を年に2回(夏期・冬期)実施しますが、通常学習を講習に切り替えることはありません。講習は、通常学習とは別途に設定します。(通常学習は通常通りに行います)詳細は事前にお知らせします。


○中学部


講習について春期、夏期、冬期の年3回実施しますが、中学3年生の夏期と冬期の講習は入試対策を目的とする長期間講習のため、講習中は通常学習を行いません。他の学年の講習(単科選択可能)は希望者だけで実施します。


○欠席者への対応


欠席した生徒には連絡カードを発行し、授業の内容や宿題、連絡事項等をお知らせします。
無断欠席は生徒の動向が把握できないため、欠席の連絡は必ず家族よりお願いします。



○途中入塾者への対応


塾の中では途中入塾生の最も多いSS学院ですから、途中入塾生でも塾学習に馴染んで学習できる体制を確立しています。途中入塾生に不可欠な指導は、過去の学習内容に溯って教え直すことですが、進度の関係から規定の授業の中に取り入れることはできません。SS学院は、教え直す時間を授業終了後に設定しています。


〇成績表の発行


1ヶ月に1回、塾内のテストの結果をお知らせします。
尚、テストの不合格者には、再テストや補習等のフォローを行います。



〇保護者から塾への通信方法


月に1回、保護者からのご意見・ご要望を書いていただく用紙をお配りし、塾と家庭とが綿密な連携を取り、少しでも不満の生じない運営を目指します。


〇個人懇談会の設定


小学生・中学生の保護者は、担当を指名する個人懇談を当塾に対して要求するこができます。ただし、懇談会の日時の打ち合わせが必要となります。


〇全体懇談会の設定


全体懇談会は原則として年に2回(3月、7月)を予定していますが、小学生の懇談会は生徒の学習状態等に応じて設定するときもあるため、予定月、回数を変更する場合があります。


〇進学相談


私立中学校受験、高校受験を希望する保護者に対する個別懇談です。尚、受験校を決定する懇談会は、10月〜12月に実施します。


〇授業参観


保護者は自由に授業参観をすることが可能です。授業を参観することにより、生徒の学習状態、講師の指導技術を保護者ご自身の目で確認していただけます。


〇「SS学院塾通信」の発行


「SS学院塾通信」は、塾の指導内容や生徒の学習状態、入試関連の内容、その他、必要なことを可能な限り記載したものを、月1回の予定で当塾生の保護者にお届けします。